メディカルアロマで医療を助ける【医療で使うハーブ】

代替医療としてのアロマ

メディカルアロマは現在海外でも使われている代替医療、この代替医療がもたらす影響は、患者に対しても良い影響をもたらします。また、通常の医学では、治療できない、取り除くことが難しいといった症状に対しても、一定の効果を挙げる事が出来ます。そういったアロマをつかった、メディカルアロマセラピストになるためには、組織や団体から認定証を発行して貰う必要があります。日本にも認定証を発行できる団体がいくつかある為、何処で取得するかを選ぶ必要があります。アロマセラピストの資格にも様々な物があり、メディカルアロマセラピスト、メディカルアロマテラピーといった資格が存在します。名前はちがいますが、その内容は似通ったモノになっています。メディカルアロマセラピストの役割としては、ストレスといった精神面からのケアやリラックス効果、健康の維持、疲労回復、美容といった効果があります。また、身体の不調や病気とは認められていない症状を治療する事もできます。

メディカルハーブとアロマの違い

メディカルアロマの他にも、同じような物にメディカルハーブと呼ばれる物があります。メディカルアロマ、メディカルハーブ、どちらも同じ様に植物を使った治療が行なわれています。そのちがいは、ハーブの利用方法にあります。メディカルハーブでは、紅茶に薬効のあるハーブを入れる事によって、体内へ経口摂取する方法です。一方、メディカルアロマでは、ハーブを使って抽出した精油を使うことによって、香りとして嗅ぐ、薄く肌に塗るといった方法があります。この二つの違いがメディカルアロマとメディカルハーブの違いになります。

ページのトップへ戻る